工場立地法と緑化面積

商業施設、工場、その他自治体の条例で緑地面積が必要な方へ、お気軽にご相談ください。
多くの自治体で、屋上緑化面積と敷地緑化面積の相互振り替えが可能です。
当社の緑化システムは、維持メンテナンスコストを極力抑える仕組みがあります。

 

工場立地法による緑化面積を、屋上緑化等で算入したい

平成16年3月の工場立地法の改正により、地上面の緑地を屋上緑化や壁面緑化、駐車場緑化など何かしらの施設と重複している緑地も、緑地面積の25%まで参入するこが可能になりました。

 

CO2を削減

屋上緑化システムで省エネを実現し、CO2削減にも貢献します。
ISO取得企業様、省エネ法1種、2種該当企業様、ご相談ください。

 

自治体の条例で屋上緑化を導入する

メンテナンスコストを極力まで減少させた緑化システムです。
維持コストが気になる建築主様、ご相談ください。


 当社緑化システムの特徴
 緑化のメンテナンスについて
 緑化の7つのメリット


メールでのお問い合わせもお待ちしております kirihigashi@jgreen-eco.com

関連記事

緑化の基礎知識 防水層の種類 防水層の見分け方 既に出来上がっている屋上では、押えコンクリートで仕上がっているもの、一般的な歩行ができない露出防水層で仕上がっているものなど、防水層の種類によってはそのままでは屋上緑化できないこともあるので、屋上(バルコニー)を見てどのような防水層が施工されているのか見極...
駐車場緑化とは     新たに緑地面積を持ちたいと考えても、都市部を中心とする市街地では、なかなかまとまった場所がありません。 しかし都市部には、多くの駐車場があり、アスファルトやコンクリートで舗装されているため蓄熱によってヒートアイランド現象の原因の一つとなっています。 駐車場を緑化...
工場における従業員労働環境の向上 屋上のコンクリート面は夏季の強烈な日差しを受けると表面温度がぐんぐん上昇し、60℃前後に達します。その熱がコンクリート層を伝って室内に流入してしまいます。 さらに困ったことに夕方になって外が涼しくなり始めても、熱は外に出ていかず屋内にこもってしまいます。 それに比べ、屋上を緑...