工場立地法と緑化面積

商業施設、工場、その他自治体の条例で緑地面積が必要な方へ、お気軽にご相談ください。
多くの自治体で、屋上緑化面積と敷地緑化面積の相互振り替えが可能です。
当社の緑化システムは、維持メンテナンスコストを極力抑える仕組みがあります。

 

工場立地法による緑化面積を、屋上緑化等で算入したい

平成16年3月の工場立地法の改正により、地上面の緑地を屋上緑化や壁面緑化、駐車場緑化など何かしらの施設と重複している緑地も、緑地面積の25%まで参入するこが可能になりました。

 

CO2を削減

屋上緑化システムで省エネを実現し、CO2削減にも貢献します。
ISO取得企業様、省エネ法1種、2種該当企業様、ご相談ください。

 

自治体の条例で屋上緑化を導入する

メンテナンスコストを極力まで減少させた緑化システムです。
維持コストが気になる建築主様、ご相談ください。


 当社緑化システムの特徴
 緑化のメンテナンスについて
 緑化の7つのメリット


メールでのお問い合わせもお待ちしております kirihigashi@jgreen-eco.com

関連記事

東京における自然の保護と回復に関する条例... 東京における自然の保護と回復に関する条例 東京都では2001年の「東京における自然の保護と回復に関する条例」において、1000平方メートル以上(国及び地方公共団体の有する敷地においては250平方メートル以上)の敷地において建築物の新築、増改...
緑化のお問い合わせ・お見積 お電話でのご相談が迅速です。 屋上緑化、駐車場緑化、芝生の価格、芝の管理、その他、緑化についてどのようなことでも、 お気軽にご相談ください。ホームページを見ました、とお電話ください。 詳しい資料を送付希望の方は、下記に入力して送信してください。(フォームは24時間受付) 資料...
駐車場緑化とは     新たに緑地面積を持ちたいと考えても、都市部を中心とする市街地では、なかなかまとまった場所がありません。 しかし都市部には、多くの駐車場があり、アスファルトやコンクリートで舗装されているため蓄熱によってヒートアイランド現象の原因の一つとなっています。 駐車場を緑化...
工場緑化(折板屋根緑化) 工場立地法と緑化義務 工場立地法は、1974年に施行された法律で一定条件以上の中・大規模工場が対象となり、緑化についても義務付けられています。 施行前に建設された工場は適用外ですが、法律施行後に対象工場を建替え・新増設する場合は規制に従わなければなりません。 工場立地法において、敷地面積9,0...