駐車場緑化とは

 


 

新たに緑地面積を持ちたいと考えても、都市部を中心とする市街地では、なかなかまとまった場所がありません。



しかし都市部には、多くの駐車場があり、アスファルトやコンクリートで舗装されているため蓄熱によってヒートアイランド現象の原因の一つとなっています。

駐車場を緑化することで、駐車場の高温化を防ぎ、
緑地面積を増やそうと注目されているのが駐車場緑化です。

 

駐車場緑化のメリット




駐車場を覆うアスファルトはとても高温化しやすく、夏期の日中には、舗装面が60℃以上にもなります。
このため、駐車場面から大気に放出される熱量は膨大なものとなり、
都市のヒートアイランドの原因の一つとなっています。

また、アスファルトは熱容量が大きく、昼間に溜めた熱を夜間になっても放出し続けます。

写真にも見られるように、緑化した植物で覆われ、植物が枯れていない区画では、アスファルト面よりも20℃以上低温を示しています。夜間の蓄熱もなくなるため、昼夜ともに、効果を発揮します。



 

写真-1 アスファルト面と緑化面の温度比較(兵庫県福祉センター駐車場)
撮影:山田宏之(和歌山大学システム工学部)
出店:東京都 駐車場緑化ガイドより

 

緑地への算入

都市開発行為等に際し、地方自治体が条例等により、緑化義務となる面積基準が定められている場合や、都市緑化の推進を図るために緑化を義務づけている場合等において、
駐車場の緑化が面積に算入できる場合があります。
また、一定の緑化面積要件に適合すると、優遇措置等が受けられる制度があります。

その際に駐車場緑化面積が算入できる場合があります。

 

当然、緑化率が低い駐車場緑化システムでは算入できる緑化面積も低く、温度上昇を抑える効果も下がります。駐車場緑化においては、耐久性があり強い芝を選択することが重要です。

関連記事

屋上緑化の耐風対策について 風に負けない耐風圧性能が必要 気候や風土による風の種類の違いとは別に、建物や植物の高さにより、風圧のかかり方は変わります。そこで耐風対 策はそれぞれの環境を考慮して、慎重に立てていかねばなりません。 屋上緑化にしても、庭園型、薄層型で耐風対策は異なります。庭園型では正の風圧によるト...
屋上緑化 専用芝 MGE(メグ)の特徴と強み... ●湿潤時でも1m2あたり38kg~40kgという超軽量化を実現。耐荷重の少ない建物でも屋上緑化が可能です。 ●ほとんど土を使わないため、土砂による潅水システムの目詰りを起こしません。 ●保湿力に優れたマットを土壌...
東京における自然の保護と回復に関する条例... 東京における自然の保護と回復に関する条例 東京都では2001年の「東京における自然の保護と回復に関する条例」において、1000平方メートル以上(国及び地方公共団体の有する敷地においては250平方メートル以上)の敷地において建築物の新築、増改...
工場緑化(折板屋根緑化) 工場立地法と緑化義務 工場立地法は、1974年に施行された法律で一定条件以上の中・大規模工場が対象となり、緑化についても義務付けられています。 施行前に建設された工場は適用外ですが、法律施行後に対象工場を建替え・新増設する場合は規制に従わなければなりません。 工場立地法において、敷地面積9,0...