会社案内



~ 人と地球に癒しの緑を ~

J・グリーン株式会社は、駐車場・屋上・壁面緑化を中心に、地球温暖化、環境へのニーズに応えるべく、2010年に創業しました緑化・設計・施工会社です。従来の緑化工事における工期の長さや必要な養生期間(2~3ヶ月)、また、メンテナンスコストや積載荷重の問題、保水性、対応年数等、あらゆる条件をクリアした緑化システムユニットを提供いたします。(特許取得)
緑化のメリットについては、「緑化のメリット」をご覧ください。

 

会社名 J・グリーン株式会社
代表 切東 徳夫
創業 2007年(平成19年)8月1日
設立 2010年(平成22年)11月16日
資本金 990万円
所在地 <本社>
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町25-7 ヤマキビル9F
TEL:03-5643-8488 FAX:03-5643-8486
 
事業内容 ・ 駐車場芝生化 ・ 設計、デザイン
・ 屋上緑化・ 校庭芝生化
・ 壁面緑化
・ 緑化工事全般
資格所得者 ・ 1級建築士 1名
・ 1級土木管理技士 1名
・ 1級造園施工管理技士 1名
・ 2級造園施工管理技士 1名
事業テーマ 緑化システムユニットによるヒートアイランド対策、省エネ対策
CO2の削減をし地球温暖化の防止と、緑の持つ癒しの空間作りに貢献いたします。
主要取引先 大阪府市立病院協同組合、日本プラスチックス株式会社、株式会社タキロン、ダイドードリンコ株式会社(敬称略・順不同)
業務提携先 株式会社ダイキアクシス、ジャパンアグリテック株式会社、日本工業技術振興協会、ダイドードリンコ株式会社、金剛産業株式会社 (敬称略・順不同)


代理店募集

事業拡大につき、大、小、代理店を募集しています。

紹介メディア

当社を掲載いただいたメディア情報です

関連記事

工場立地法による緑化面積を、屋上緑化で算入... 工場立地法では、「特定工場」の敷地面積に「緑地」を設けることが義務付けられていますが、工場を設立する用途地域や、都道府県によってもその割合が異なっています。 <特定工場とは> 業種が製造業、電気ガス、熱供給業(水力・地熱発電所を除く)で敷地面積9,000m²メートル以上または建築...
低炭素構築物の認定メリット 低炭素建築物とは 「低炭素構築物」とは、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(略称:エコまち法)で規定される、"二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物"のことをいいます。 建築物の低炭素化に資する建築物の新築等をしようとする方は、低炭素化のための建築物等に関する計画...
ホテル・病院・商業施設など様々な屋上緑化... 屋上緑化のメリット・効果 屋上緑化とは、建物の断熱性、景観の向上、緑地面積の確保などを目的として、屋根や屋上に植物を植えて緑化することです。期待される効果としては、断熱性の向上(エアコンなど冷房費の節約)、建物躯体の保護・耐久性の向上、防音性の向上、ヒートアイランド現象への対策などがありま...
紹介メディア 2013年8月 積算資料SUPPORT(土木・建築・住宅・設備・IT)2013年8月号に紹介いただきました。 2013年7月 Microlon に紹介いただきました。「憧れのアメリカングリーンを手に入れる。」P40...
駐車場緑化のQ&A 駐車場緑化に適した植物があるのでしょうか。 駐車場の芝として適した植物は、コウライ芝しかありません。ノシバは強いのですが、緑化期間が短く、芝生としての見た目が良いとはいえません。 (昔はノシバが使われましたが、現在では、コウライの改良型を用いることが多いです。) コウライ芝以外の、...