駐車場緑化 専用芝 PGE(パグ)の特徴と強み

今使っている駐車場の舗装面を剥がさずに緑化できます。



自社ファームで養生した天然芝を使用

 

 

 

 

 

●アスファルトやコンクリートに舗装された駐車場も簡単に駐車場緑化できます。
●既存の舗装面をすべて剥がさずに、排水の為の穴を数か所開け、その上に直接施工することが可能です。
●約30%のコストダウンに加えて、工期が大幅に短縮されるので代替地を用意する必要がありません

 

ウレタンチップ

20tの荷重に耐えられるエコユニットベースに、ウレタンチップの土壌を重ね、パグベース(駐車場緑化のベース)となります。

強度・耐久性に優れています。

パグベースの支持脚は特殊なリブ構造で、
車両荷重に対しても十分な強度を発揮します。
耐荷重は10t車以下、総荷重20t車以下まで支えます。

 

最短で翌日から使用可。代替地は要りません。

 既存の舗装面に、排水の為の穴を数か所開けけ、その上に養生済みの芝生を置いていくだけの簡単工法。
最短で工期1~2日。翌日から使用可能です。

>>自社ファームについて

 

強い芝をキープし続けます。

支持脚に設けられたスリットより、芝生の育成に必要な土壌への空気供給を行う構造です。また、自社養生ファームで5ヶ月養生した芝を使用します。
品種はゴルフ場専用芝として開発された「ちばフェアグリーン」を中心に、環境に応じて選択しています。
ちばフェアグリーンは病気に強く、緑色期間が長いことが特色です。

 

緑化率94%を実現。緑地増加や高温化抑制に効果的。

パグベースを使用した緑化駐車場は緑化可能率94%で、他の緑化駐車場工法に比べて、緑地増加に効果的です。

緑化率が高いということは、アスファルトの高温化抑制にも効果的です。
>>緑地面積の算入については「緑化のメリット」をご覧ください

 

環境に優しいリサイクル製品

地球環境にやさしい再生ポリプロピレン樹脂を100%使用したエコマーク商品です。
また、土壌も杉間伐材やウレタンチップの再利用製品です。

 

メンテナンスも簡単

52.5cm×52.5cmのパネル式なので芝が擦り切れても差し替えできます。ウレタンチップに保水力があるため、ほとんど散水は必要ありません。(夏期の猛暑の時期のみ、散水します。)駐車場緑化システムは、工期が最短1日、翌日から使用可能です。
その施工方法や実例について、下記よりご覧ください。
>>メンテナンスについて詳しく

 

<製品規格>
■材質:再生ポリプロピレン(ベース):杉等間伐材(土壌):再生ウレタンチップ(土壌)
■寸法:W525 x D525 x H70mm
■質量:5.7kg/枚
■圧縮強度:401kN(1458N/㎡)※代表値

関連記事

独自提携先: 緑化+ダイドー自販機で導入コスト削減... DyDo飲料自販機を設置いただくことで、屋上緑化にかかるメンテナンス費用を軽減させて頂くご提案をいたします。 詳しくはお問い合わせください。 ...
工場・物流倉庫などの折板屋根にも対応... 折板屋根の緑化も承っております。 詳しくは「工場緑化」をご覧ください。
既存建物の屋上緑化について 屋上緑化の専用芝MGE(メグ)は、湿潤時でも38~40kg(1m2あたり)と、超軽量化を実現しています。 施工の際には、当社の一級建築士が建物構造計算書を拝見し、耐荷重の側面から施工を行えるか審査を行います。審査が通れば、緑化可能となります。 ご相談にこられる企業様の中には、「緑化パネルが軽量だ...
屋上緑化の耐風対策について 風に負けない耐風圧性能が必要 気候や風土による風の種類の違いとは別に、建物や植物の高さにより、風圧のかかり方は変わります。そこで耐風対 策はそれぞれの環境を考慮して、慎重に立てていかねばなりません。 屋上緑化にしても、庭園型、薄層型で耐風対策は異なります。庭園型では正の風圧によるト...
低炭素構築物の認定メリット 低炭素建築物とは 「低炭素構築物」とは、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(略称:エコまち法)で規定される、"二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物"のことをいいます。 建築物の低炭素化に資する建築物の新築等をしようとする方は、低炭素化のための建築物等に関する計画...