電力削減によるコストダウン効果





緑化土壌による断熱作用、屋内の温度上昇抑制、省エネ効果について

項目 効果
断熱・保温 1日辺り屋上緑化で5.4円/m2・側面緑化で3.8円/m2の空調コスト削減
(例)
(1)緑化面積40坪(屋上30坪・壁面10坪)の住宅で
  夏場(90日)の冷房コスト削減額は約6万円
  [ 病院施設(500m2)の場合 夏場(90日)の冷房コスト削減額は約243.000円 ]
(2)オフィスビルの場合、夏場(90日)で20~30%の冷房コスト削減可能
(3)断熱効果で冬も暖かい
建物の長寿命化 (1)紫外線による劣化防止
(2)酸性化防止
(3)温度差による膨張・収縮の防止
これらの効果により建物は完成時の状態をほぼ保つため、
維持管理が大幅カット可能
騒音防止 葉や茎の重なりと空気層が、音波の緩衝剤となり騒音を吸収する
(例)高さ1.5m・厚さ10cmの生垣で、騒音を1/6以下にカット
防火・防災 樹木の発火限界は450℃以上(発火熱量13,400kcal/m2時)あるので周辺からの延焼防止や緊急時の退路確保にも役立つ

ヒートアイランド対策と省エネルギー効果

緑の断熱作用による真夏屋上の温度の違い

タイル部は昼間に蓄積した熱を夜間に大気中に放出する為、表面部の温度は下がっても、その少し上の部分は気温が下がりにくくなり、ヒートアイランド現象の一因をつくっています。屋上緑化をすることでこうした現象を防ぐことができます。

大阪府の調査でも、平成15年8月の昼間(10時~16時)の平均温度では、緑化していない屋上表面温度43.9℃に対し、樹木植栽下で16.5℃低い結果となりました。
(淀川キリスト教病院他 モデルビルで検証)

  日中(13時~15時平均)) 夜間(23時~24時平均)
屋上タイル表面 57.7℃ 31.8℃
芝生表面 38.6℃ 26.4℃
植栽基盤下面 28.1℃ 27.5℃
緑化空間が表面温度の低減に寄与

植物は単に熱を遮断するだけでなく、熱を受け取りつつも、適度にそれを吸収したり蒸散作用で自ら温度を下げたりして、屋上空間の熱的快適性 の保持に貢献しています。



ヒートアイランド抑制効果

屋上緑化をしていなければ、建物内に蓄積される伝道熱の数値はもっと大きくなり、建物を暖める原因にもなります。


国土交通省(屋上庭園の熱収支測定 平成18年8月30日の積算値)

【 顕熱 】 太陽・車・空調機など、周辺大気を暖める熱
【 潜熱 】 水面・植物面・自然土壌面において水分蒸発として変換されるエネルギー。
      周辺大気を暖めるものではない。

屋上庭園全体(1700㎡)を緑化することで1kwの電熱器
158台を24時間作動させるに値する熱量を、一日あたり
抑制していることがわかりました。

省エネ効果(エネルギー4%減)

屋上空間を緑化することによって、屋根からの熱負荷が大幅に低減され、冷房運転の省エネ化を実現します。

真夏、1日10時間エアコンを稼働させた場合
(国土交通省 モデルルーム29m2想定)

関連記事

独自提携先: 緑化+ダイドー自販機で導入コスト削減... DyDo飲料自販機を設置いただくことで、屋上緑化にかかるメンテナンス費用を軽減させて頂くご提案をいたします。 詳しくはお問い合わせください。 ...
駐車場緑化のQ&A 駐車場緑化に適した植物があるのでしょうか。 駐車場の芝として適した植物は、コウライ芝しかありません。ノシバは強いのですが、緑化期間が短く、芝生としての見た目が良いとはいえません。 (昔はノシバが使われましたが、現在では、コウライの改良型を用いることが多いです。) コウライ芝以外の、...
工場緑化 工場立地法と緑化義務 工場立地法は、1974年に施行された法律で一定条件以上の中・大規模工場が対象となり、緑化についても義務付けられています。 施行前に建設された工場は適用外ですが、法律施行後に対象工場を建替え・新増設する場合は規制に従わなければなりません。 工場立地法において、敷地面積9,0...
低炭素構築物の認定メリット 低炭素建築物とは 「低炭素構築物」とは、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(略称:エコまち法)で規定される、"二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物"のことをいいます。 建築物の低炭素化に資する建築物の新築等をしようとする方は、低炭素化のための建築物等に関する計画...