屋上緑化の耐風対策について


風に負けない耐風圧性能が必要

気候や風土による風の種類の違いとは別に、建物や植物の高さにより、風圧のかかり方は変わります。そこで耐風対 策はそれぞれの環境を考慮して、慎重に立てていかねばなりません。

屋上緑化にしても、庭園型、薄層型で耐風対策は異なります。庭園型では正の風圧によるトラブルが多く、薄層型では負の風圧によるトラブルがよく見受けられると報告されています。

スーパーグリーンMGE工法の耐風圧性能についての考察

スーパーグリーンMGE工法はグリシートをエコムテープでルートガードDに接着固定する工法です。

●スーパーグリーンMGE工法の下地接着面積
約526cm/㎡

●スーパーグリーンMGE工法の下地接着面積
ルートガードD/エコムテープ/グリシートの長期接着強度は約20N/c㎡(40℃温水浸漬3年)である。よって、接着強度は10,520N/㎡となる。

屋根面にかかる風圧算定

事例1.沖縄某現場の屋上緑化面が受ける風圧力の算定

算定に際して、適用される当該現場データは以下のものである。

基準風速:46m/秒(沖縄県名護市)
建物の高さ:18m
地表面粗度区分:Ⅱ(海岸線より500m以内等)

上記条件において、風圧力を算定するとスーパーグリーンMGE工法の接着強度は前述の約10,000N/㎡であるから、当該現場での風圧力に対する安全率は約150%となる。

風圧力(N/㎡)屋根中央部軒先・ケバラコーナ部
-3,711-4,827-6,486


事例2.神奈川県某現場の屋上緑化面が受ける風圧力の算定

算定に際して、適用される当該現場データは以下のものである。

基準風速:34m/秒(神奈川県小田原市)
建物の高さ:13m
地表面粗度区分:Ⅱ(海岸線より500m以内等)

上記条件において、風圧力を算定するとスーパーグリーンMGE工法の接着強度は前述の約10,000N/㎡であるから、当該現場での風圧力に対する安全率は約300%となる。

風圧力(N/㎡)屋根中央部軒先・ケバラコーナ部
-1,868-2,391-3,214

結論

スーパーグリーンMGE工法の耐風圧性能は、十分な安全率を有していると判断される。

関連記事

緑化の基礎知識 防水層の種類 防水層の見分け方 既に出来上がっている屋上では、押えコンクリートで仕上がっているもの、一般的な歩行ができない露出防水層で仕上がっているものなど、防水層の種類によってはそのままでは屋上緑化できないこともあるので、屋上(バルコニー)を見てどのような防水層が施工されているのか見極...
補助金取得からご提案いたします 緑化のための補助金は、国、都道府県とさまざまな組織から時期に応じて発表されます。 利用できる補助金については、補助金取得からご提案させていただきますので、お問い合わせ下さい。 (参考)緑化補助金 全国マップ...
工場緑化(折板屋根緑化) 工場立地法と緑化義務 工場立地法は、1974年に施行された法律で一定条件以上の中・大規模工場が対象となり、緑化についても義務付けられています。 施行前に建設された工場は適用外ですが、法律施行後に対象工場を建替え・新増設する場合は規制に従わなければなりません。 工場立地法において、敷地面積9,00...
緑化Q&A 従来より工場立地法やISOなどの規制により、緑化ニーズは存在しましたが、近年は都市部のヒートアイランド対策として、あらたに緑化に取り組まざるをえない状況の企業様も多くいらっしゃいます。 よくいただくご質問をまとめました。ご不明な点は、「お問い合わせ」よりお問い合わせください。 ...
屋上緑化 屋上を緑化しようと考えたとき、いくつか気がかりな点があります。 1つは維持メンテナンス費も含めたコストの問題、もう一つは、荷重など建物へ与える影響です。 屋上緑化のコスト(費用) 都道府県・市町村で異なりますが、屋上緑化には緑化助成金が多く存在しています。そのような助...