屋上緑化とは

病院や工場などの建物の屋上を緑化する効果は、断熱効果における冷暖房の省エネ効果が特徴です。 今後は屋上を敷地ととらえ、公園やコミュニティスペース、園芸療法など活用の幅は広がっていくことでしょう。  

屋上緑化のメリット・効果

オフィスビル、病院、工場、商業施設で屋上緑化を行うと、

  • 断熱性が向上し、省エネ効果が上がります
  • 建物の膨張・収縮による劣化を防ぎます
  • 周囲の騒音を低減します
  • 建物の付加価値(資産価値)が向上します
  • 輻射熱による放熱を下げることができます
  • 憩いのスペースとして活用できます
  • アメニティが向上、集客効果につながります
 

屋上緑化で最も効果が見られるのは断熱効果です。

  左の図は国土交通省による実験(H19.8.16)結果をあらわしたものです。 緑化していない屋上タイル部分やアスファルトの表面温度は日中50℃以上に達していますが、植栽基盤下面は30℃以下を保ってます。 これは、土壌の断熱効果や、土壌に含まれる水の蒸発で熱が奪われたり、自然がもたらす外断熱といえます。

積載荷重について

建物に積載できる荷重には制限があり、いくらでも重量物を載せることはできません。 (建築基準法により定められています。) 建物ごとに「構造計算書」があり、建築士が屋上緑化が可能かどうかを計算します。当社には一級建築士が常駐しております。 ※1m2あたり38~40kgと超軽量の緑化パネルのため、既存の建物の緑化も可能です。

 

防水について

屋上緑化をする際には、防水対策も欠かせません。 さらに、植物の根がはらないよう耐根対策も必要です。 当社が開発した緑化パネルは、そもそもほとんど散水が不要です。土の代わりに使用しているマットが吸水性に富み、高い保湿性で芝生の根に水を保ちます。防水シート、耐根シートの上に緑化パネルを施工しており、防水対策、耐根対策としても安全です。